FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

イチリンソウにも色々

 春先に咲くイチリンソウは山野草の代表だが、これは八重らしい。梅花とか菊咲きとかもあるが、小振りな割に美しい。冬場に根を踏みつけないようにするのが大変。伸びてくれば分かるのだが、場所を忘れてしまうのは年齢のせいか。...

続きを読む

数十年ぶり

 温暖化の話になると、数十年ぶりの出来事という形容になるが、寒冷化も同じ。今年は西欧も北米も日本も寒い冬だった。御蔭でスキーは十分に楽しめたが、数十年前の気象を振り返ると、相当に忘れていることに気づいた。44年ぶりの大雪と言われた時は前回の光景を憶えていたが、さらに以前となると、かなり怪しい。ただ全体に寒かったと記憶しているだけ。おそらく誰もが数年前の気象さえ忘れており、写真でも見せられなければ分...

続きを読む

灯油騒動

 二月も終わるが、今年は寒くて雪の多い冬だった。各地で灯油が値上がりし、北関東でも例外ではない。北国の暖房には灯油が最も適しており、都会のようにエアコンなどというシャレた代物では間に合わない。来年の冬も厳しければ、米騒動ならぬ灯油騒動が再燃するだろう。ただ再び燃え上がっても暖房には役立たないかもしれない。高齢者の凍死が増えてくれば、マスコミも政府も慌てるだろうが、円安に遊動して来たツケだという点も...

続きを読む

パリでも大雪

 パリで12センチの積雪。モンマルトルの丘にスキーヤーが出現したらしい。東京と同じ程度の話だが、寒冷化が続けば西欧の都市は壊滅状態になる。その前に凍死を防ぐ必要から石炭による暖房が再開され、二酸化炭素の排出量規制も立ち消え。ロンドンが再び煙と霧の街に戻る可能性も十分にある。中世小氷期には西欧の人口が激減しており、日本列島より酷い飢餓が繰り返して発生した。北米だって北よりの地域は住めなくなり、世界中...

続きを読む

温暖化による寒冷化

 誰が考えても不合理な題名だが、気象庁を始めとする気象学者は平気らしい。数年前に全球温度がピークアウトしたが、二酸化炭素の濃度は相変わらず上昇中。今年のように最強クラスの寒波が幾度も襲来しても、温度が上昇している地点もあるといった弁解に終始する。現在の寒波が自然変動の一部なら、数年前までの温暖化も自然変動によるもの。仮に二酸化炭素の排出量が増加したために温暖化しているなら、さらに上昇している現在の...

続きを読む

プロフィール

sanbokudoujin

Author:sanbokudoujin
群馬県出身、悪名高い国立大学医学部卒業。現代日本に失望して仙人暮らしを数十年。30年ぶりに競技スキーを再開。土漆器やスピーカーボックスの製作、茶室や秘密基地建設など森羅万象。東北北海道文学賞、歴史浪漫文学大賞。

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
その他
1728位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1547位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。